<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

空からみたグアム

e0027083_12191301.jpg

(クリックで拡大します)



今回の結婚式の参列のために行ったグアム島。
せっかく来たのだから、グアムを楽しみましょうと、
主人とセスナ機に乗って短い空の旅もしてきました。
セスナ機に乗るには、主人も私も初めて。
ちょっと怖いのだろうかと、落ちないでよ~と心配もしながら
(じつは、海外旅行保険に入るの、ケチっていたんです  (^_^;)
案内されたのは、新旧取り揃えて、5,6台か並んだセスナ機の中で一番の年代物っぽい機体。
え~、ついてないというはこういうことか、と思っちゃいました。
パイロットに聞けば、なんと1978年製とか。
あたし、思わず、ふる~いっ、言ってしまいました(笑)
なんで新しそうなセスナ機もたくさんあるのに、これなんだぁ。
あとで聞いたのですが、USAの法律にのっとり、
飛行機のエンジンは2年に一度、取り替えていて、
この私たちの乗ったセスナ機は、昨年の11月に取り替えたばっかりなのでそうです。
なんだ、乗る前に言ってよぉって、思いました(笑)
操縦席は、こんな感じです。

e0027083_12202545.jpg


パイロットを入れて、4人乗り(前2、後2)なのですが、
私は景色がよく見える前の座席に座りましたので、
もっと引いた写真を撮りたかったのですが、
シートが近すぎて、操縦席が全部写りませんでした。
最近、「永遠の零」にはまった主人。
そういう意味でも、セスナに興味があったみたい。
ゼロ戦とセスナ。。。う~ん、どうなの、よくわからない。
パイロットが、はじめにこう言いました。
「運転している最中は、私はヘッドフォンをしているし、
何を話しかけても聞えません。
用事があるときには、肩をたたいてくださいね。」
「はい。」
いよいよ、エンジン開始。
窓は、手動ですが、クーラーが無いし、暑いので、直前まで開けてあります。
こちらで閉めますから、けっして自分で閉めないようにと言います。
はい。
エンジンかけからパイロットは忙しいのです。
それは、機体が古いからすべて手動だからなのか、
他のセスナ機もこうなのか、わかりませんが、
とにかくパイロットは、イヤホンをして、管制塔とのやり取りしながら、
私の前の計器類をあちこちとと触り、手で窓も閉め、
確認する事ややるべきことで忙しいのです。
エンジン音もすごい。
ド迫力。
私は、無事に飛行が終わるように、パイロットの操縦の邪魔をしないようにと思いました。

機体と写っている人物は、パイロットでも現地マフィアでもありません、
知る人ぞ知る日本人です(笑)
人のいない写真がないもので、すみません。
(ちなみに料金は、20分飛行でひとり約6000円でした)

あとは、写真でどうぞ。

e0027083_12240770.jpg

(以下クリックで拡大します)

e0027083_12223681.jpg


e0027083_12230692.jpg


e0027083_12242733.jpg


e0027083_12234313.jpg


e0027083_12244581.jpg


e0027083_12251196.jpg


by white_001 | 2014-02-25 12:31 | グアム島 | Comments(6)

純白。

e0027083_21193948.jpg



e0027083_13295963.jpg



Sさん、Tちゃん、ご結婚おめでとうございます。

Tちゃんの花嫁姿、
しかとこのカメラに収めましたよ。

末永く、お幸せに。.:*・゜*








More
by white_001 | 2014-02-24 22:09 | グアム島 | Comments(8)

薔薇を小箱に・・

e0027083_9443283.jpg



プリザーブドフラワーを小箱に詰めてみました。

真ん中にバーックチップを埋め込んで、そこに精油をたらしこんであります。
はまり症な私。
今、仕事先で触れるプリザードフラワーにはまっています。
これは、私のオリジナルなので、記事にしても大丈夫と思い、載せました。
商品ではありません(笑)
師匠である店長にヘタクソと何度も言われ(笑)、なにくそっと老眼鏡をかけ、頑張りました(笑)
とても細かい作業なのですが、いいかげんに花の下処理をすると、アレンジするときにボロがでるんです。
けっこうごまかしの効かない正直な作業なのですよ。
おおざっぱな私には、そうとう気を遣いながらの作業でもあります。
ごめんなさい、川島の白鳥さん、今年はこんなことにはまっています。
by white_001 | 2014-02-20 09:54 | テーブル・フォト | Comments(4)

盆栽 真柏(しんぱく)

e0027083_18395370.jpg



追記 約半年後の真柏

e0027083_1028899.jpg


本日の盆栽教室は、ビギナー1年目の最後の作品として、
盆栽の二大横綱級のひとつであります真柏を使った授業でした。
盆栽にご興味のない方、どうぞスルーを。
先生のお話では、二大横綱級の盆栽には、五葉松、真柏が使われるとのこと。
きょうは、その初歩の初歩。
苗木をじっくり観察し、盆栽の正面を決める、
輪郭の剪定という授業でした。
いつもなら、一度の授業で一つの作品を作るので、あわただしい授業のことが多いのですが、
真柏の授業は、2回に分けての授業だったので、ゆったりな感じでした。
ですが、この正面の決め方っていうのが、難しい。
写真の↑上では、まだ配られた苗木の状態。
枝もボサボサ状態で、どこが正面なのって、思うでしょ。
そこは、幹の捻り具合を見て、全体の樹勢の流れをみて、自分がどんな形に仕立てるのか、
すでにこの小さな苗木の段階で決めてしまうのです。
たいへんに難しい。
下の写真が、先生も見てくださって、決めたこの盆栽の正面。
大きなドームをかぶせたようにはみ出た部分の枝を剪定したものです。
ね、少し恰好がついた感じでしょ(笑)

ご存じでしたか。
2017年にさいたま市で、世界盆栽大会が開催されるんですよね^^
先月の教室は、さいたま市の盆栽美術館での盆栽鑑賞会がありました。
初めて、盆栽美術館に行ってみたのですが、すごいですよ。
展示されている盆栽も見事でしたが、学芸員の方が盆栽の年表から、盆栽の起原からずっと現代までの流れを
教えてくださいました。
や~、楽しかった。

教室では、大雪のときの対策は、雪から避けて、屋根のある場所に避難させてやってくださいとのことでしたが、
我が家の盆栽たち、避難させる場所も確保できなくて、雪の中に埋もれたまんまでした(汗)
ですが、スパルタ環境に慣れてるんですかね、みな、無事だった模様。
葉っぱも寒さのあまり、赤茶っぽくなってしまってますが、生きててくれてるみたいだし、ほっ。

本日の記録でした~。
by white_001 | 2014-02-18 18:44 | 庭いじり&彩花盆栽 | Comments(2)

春 待たれる

e0027083_11200200.jpg




庭の沈丁花の蕾もだいぶ膨らんできたなぁと思っていた矢先、
この大雪。
撮影は、本日のお昼ごろでしたが、
ただ今の夜の7時頃では、
積雪は30センチはあるかと思われます。
昨夜、お隣さんが庭で、早々に自家用車にチェーンを
付けていました。
少し、お話したら、スーパーの棚の食品が空っぽで驚いたって、
言ってました。
え~~、みんな、そんなこともするんだ。
のんきな私は、いつもどおりの支度。
今夜は、たまたま買っておいたシロモツを煮込んでおります。
ああ、ロマンチックでもなんでもない(笑)
ですが、閉じ籠りの日にぐつぐつと鍋を煮るのは、
なんだか、ほっこりと時間が流れますね。
明日は、仕事があるので、長靴履いて、仕事先まで歩く予定。
皆さまも、どうぞ、お足もとにはお気をつけて・・・






by white_001 | 2014-02-08 11:23 | | Comments(18)

めったに更新しない写真ブログです♪ 被写体には愛情を~~なんちゃって☆コメント大歓迎!  空


by 空
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る