盆栽 真柏(しんぱく)

e0027083_18395370.jpg



追記 約半年後の真柏

e0027083_1028899.jpg


本日の盆栽教室は、ビギナー1年目の最後の作品として、
盆栽の二大横綱級のひとつであります真柏を使った授業でした。
盆栽にご興味のない方、どうぞスルーを。
先生のお話では、二大横綱級の盆栽には、五葉松、真柏が使われるとのこと。
きょうは、その初歩の初歩。
苗木をじっくり観察し、盆栽の正面を決める、
輪郭の剪定という授業でした。
いつもなら、一度の授業で一つの作品を作るので、あわただしい授業のことが多いのですが、
真柏の授業は、2回に分けての授業だったので、ゆったりな感じでした。
ですが、この正面の決め方っていうのが、難しい。
写真の↑上では、まだ配られた苗木の状態。
枝もボサボサ状態で、どこが正面なのって、思うでしょ。
そこは、幹の捻り具合を見て、全体の樹勢の流れをみて、自分がどんな形に仕立てるのか、
すでにこの小さな苗木の段階で決めてしまうのです。
たいへんに難しい。
下の写真が、先生も見てくださって、決めたこの盆栽の正面。
大きなドームをかぶせたようにはみ出た部分の枝を剪定したものです。
ね、少し恰好がついた感じでしょ(笑)

ご存じでしたか。
2017年にさいたま市で、世界盆栽大会が開催されるんですよね^^
先月の教室は、さいたま市の盆栽美術館での盆栽鑑賞会がありました。
初めて、盆栽美術館に行ってみたのですが、すごいですよ。
展示されている盆栽も見事でしたが、学芸員の方が盆栽の年表から、盆栽の起原からずっと現代までの流れを
教えてくださいました。
や~、楽しかった。

教室では、大雪のときの対策は、雪から避けて、屋根のある場所に避難させてやってくださいとのことでしたが、
我が家の盆栽たち、避難させる場所も確保できなくて、雪の中に埋もれたまんまでした(汗)
ですが、スパルタ環境に慣れてるんですかね、みな、無事だった模様。
葉っぱも寒さのあまり、赤茶っぽくなってしまってますが、生きててくれてるみたいだし、ほっ。

本日の記録でした~。
Commented by 武ちゃん at 2014-02-19 22:00 x
こんばんは、
盆栽‥渋いですね、いや日本伝統の芸術品ですよね。
静の世界、こういった趣味も奥が深く病みつきになるのでしょうか。
叔父が盆栽していて真柏って聞いたことがあります。
以前、大宮の盆栽村に一度行ったことがありました。
3年後には世界大会ですか‥海外ではいま盆栽が注目されていると聞きます。
我が家では庭がないので盆栽を置く場所も‥。  (^_-)-☆
Commented by white_001 at 2014-02-20 09:40
武ちゃんさん、おはようございます♪

さっそく、記事をごらんくださり、ありがとうございます^^

そうですね、実は私も、盆栽って、年配の方がよくやっているというイメージしかなかったのですが、
ひとたび、足を踏み入れるとなんと奥の深いことか、
(奥が深そうであるということしかわかりませんがww)
おまけに世話する根気と、スパンの長いことと言いましたら、何百年の世界ですからね~。
興味を持つきっかけは、NHKの趣味の園芸の司会を務めていた、私の通う盆栽教室の主宰でもある山田香織先生の作品を見て、こんなのが作れたらいいなぁと思ってなのです。
ほんとうは、真柏より草花盆栽の方が好みなのですが、
まずは盆栽の基本も知ってみたくて、勉強しようと思いました。
ときどき、お恥ずかしい盆栽も載せると思いますが、どうかお許しください 笑
by white_001 | 2014-02-18 18:44 | 庭いじり&彩花盆栽 | Comments(2)

めったに更新しない写真ブログです♪ 被写体には愛情を~~なんちゃって☆コメント大歓迎!  空


by 空
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る