⑩ミシャベルアルプス観賞

e0027083_22535487.jpg


6/26 この日のハイライトと呼べるのは、ここハンニック展望台よりミシャベルアルプスを望むということでした。
晴れが続いてくれて、ラッキー♫



晴天の朝、ユングフラウの微笑にも会って、ラッキーな兆しが見え、気分も上々で、ウェンゲンのホテルより列車でラウターブルンネンへと向かいました。
途中の様子です。
列車内からですので、反射が気になります、ご容赦ください。
e0027083_2312248.jpg



ラウターブルンネンの駅に近づくと、大きな滝が見えてきました。
有名なシュタウプバッハの滝と思われます。
絶壁から流れ落ちる落差305m、遠目から見ても迫力がありました。
e0027083_236636.jpg



e0027083_23104632.jpg



e0027083_2394424.jpg

個人旅行でしたら、この滝の近くまで行きたいと思いますが、ツアーでは行程に入ってないので立ち寄りは無し。
ラウターブルンネンもこんじまんりた良い街に見えます。
行程上ここに泊まった方が利便性がよかったのでしょうが、きっと宿が取れなかったのかも。
さて、ラウターブルンネンよりバスに乗り変えて、お次はサースフェーまで243kmを目指します。
インターラーケン、ラウターブルンネンがスイスのやや中央に位置するなら、
サースフェーは、ぐっと南下してイタリア側に近づいた場所にあります。
スイス全体では、ほぼ四国くらいの広さがございますので、距離感は少し想像がつくでしょうか。

バスの中からの景色
また滝が見えますが、さきほどのとは違う滝でした。
アウターブルンネンの辺りは、滝が多いとのこと(ガイドブックによる)
e0027083_23234211.jpg

スイスは、観光と農業国だなぁという印象を持って帰りましたが、そういう所ばかりを走ってきたからなのかしらね。
スイスに行く前よりも今の方がよりスイスを知りたいと思う私はなんなんだ(笑)
こういうときに高校時代に使ったA4版の世界地図帳があるといいんだよなぁと思います。
前に息子のを捨てずにとっておいた気もするのですが、それも最新版でないとダメでしょうね。

e0027083_2333818.jpg


バスは、またアルプスに近づいてきたようです。
e0027083_2334649.jpg


だんだん高度を上げると山の様子も変わってきますね。
グリムゼル峠の辺りでしょうか。
お天気もイマイチ。。。
e0027083_23355563.jpg


この辺りにはダムがありました。
ダム湖だと思うのです。人工物を排除して、映り込みを撮る。
e0027083_23364888.jpg

晴れていれば・・ここもまた絶景だったかも・・・いやいやしかたない。
トイレ休憩に立ち寄った場所にて。↑

e0027083_23514590.jpg



e0027083_2352222.jpg



峠を越え、また高度を下げたようですね。
e0027083_23531144.jpg



御昼ご飯は、どこで食したのか、メモにも取っていなくて、あるのは食した物の写真のみ。
おそらくサースフェーに着いたあたりだと思うのです。
e0027083_23494073.jpg



まずはビールですね!
スイスのビールはうまいですよ~、私の好み♫
くせが無く、飲みやすい、日本でいうスーパードライに近い味。
e0027083_6283621.jpg

サラダは、冷えていた美味しかった記憶あり。

e0027083_6285567.jpg

いやいやマカロニも美味。

e0027083_6291695.jpg



e0027083_6293432.jpg

もちろん、見た目どおりに美味であります。
ぜんぶでこれだけ?と、少なく感じる方もあるかもしれませんが、じっさいにほとんど乗り物で体を動かさないので、これで十分満足です。
店内からの様子、このお店、インテリアが可愛らしかったです。
e0027083_6371671.jpg



天井
e0027083_6463931.jpg



外からの様子。
e0027083_6453015.jpg



e0027083_646124.jpg



長い記事です。
まだハイライトの写真にはいきません(汗)
このあと、いよいよミシャベルアルプス観賞のため、ハンニック展望台(標高2350m)までロープウェイで登ります。
そこまで歩きましたが、途中のおうちです。
e0027083_6544386.jpg


かわいいおうちばかりでしたね。
ペンションや小さなホテルが多いのかな。
e0027083_6554797.jpg



e0027083_7554155.jpg



e0027083_756594.jpg



e0027083_7565536.jpg

ロープウェイでほどなく頂上駅に到着♫
展望台にございますロッジです。
異国の方々がのんびりくつろいでいましたよ♪
e0027083_6563072.jpg



さて、冒頭のミシャベルアルプスの景色です♪
e0027083_713861.jpg



何を思う・・・・
e0027083_72161.jpg

載せちゃって、怒ってるかもw

なにか奇妙なものを発見。
e0027083_7102064.jpg



近づく。
e0027083_711040.jpg

木彫りのオブジェ?
骨かと思った。

お、こんな所に自転車が。
e0027083_7121186.jpg



あっ、だれか自転車に乗ったヒトが山の向こうに消えていった。
e0027083_72507.jpg

よくみると人がみえます ↑
サイクリング路もあるみたいです。
自然の楽しみ方をいろいろと知っていなさる。
e0027083_713126.jpg



この展望台には、柵越しではありますが、ヤギ、マーモットと触れ合える場所がありました。
ヤギは、もちろんご存じでしょうが、マーモットはこんな小動物です。
e0027083_717436.jpg

地上版ラッコみたい、かわいいです。
e0027083_726810.jpg


餌の食べ過ぎだろう、あなた。
よく肥えているものあり。
e0027083_7263234.jpg



あまり人に警戒して、近寄らない痩せもいます。
e0027083_7285029.jpg

エサは、すぐ近くのロッジで100円くらいで買うことができます。
本来は野生動物なのでしょうが、ここでは餌付けされていました。

大物同士が、一つのパンをめぐり、取りあいしていました。
すぐ近くに別のパンがあるのにね、ヒト(他)が持ってるのがよく見えるんだね。
e0027083_7314734.jpg


ロープウェイの車内にこんなのも貼ってありました。
なんのポスターでしょう。
ああ、字が読めたら・・・
e0027083_7333141.jpg



ヤギさんもいました。
e0027083_7342638.jpg



e0027083_7345282.jpg



草を与えています。
e0027083_7353039.jpg


ハンニック展望台までの記事はこれで終わりです。
長い記事にお付き合いをありがとうございました。


続く

スイス旅行 統括ページ
Commented by あずき at 2014-07-09 20:46 x
空さん こんばんは^^

ほんと 『アルプスの少女ハイジ』の世界ですね♫•*¨*•.¸¸♪✧
ペーターや クララや 牧羊犬も出てきそう~(^▽^)
マーモット って初見かも・・・
ネズミ目リス科で 山岳地帯に生息・・社会性が高度に発達・・フムフムなるほど✍
ヤギさんも ベルのネックレスがお似合いですね。.:*・゜*
空さんから 草をもらって うれしそうです^^
Commented by white_001 at 2014-07-09 21:22
あずきさん、こんばんは♪

あらぁ、マーモットを調べてくださったのですね~^^
そうか、ネズミ目リス科で 山岳地帯に生息・・社会性が高度に発達・・フムフムなるほど✍
社会性ですね。
それだから、大きいヤツが餌場の近くでえばっていた感じで・・あっと違うか(笑)
餌を持って、どこかに運んでた感じもするので、きっと彼らの世界では決まりがあるのでしょうね~。
とにかく仕草がかわいいんですよ。
立つとオコジョみたいだし、顔は写真のとおりです^^

ヤギさんも人なつっこいのです。
ヤギさんのいる側は、かなりの傾斜なのですが、上手に動き回るの。
すごいですよぉ。

読んでくださり、ありがとうございます☆
by white_001 | 2014-07-08 22:57 | スイス旅行 | Comments(2)

めったに更新しない写真ブログです♪ 被写体には愛情を~~なんちゃって☆コメント大歓迎!  空


by 空
プロフィールを見る
画像一覧